森山直太朗と結婚したピアニスト平井真美子が担当したドラマ音楽

森山直太朗さんが結婚したお相手が、ピアニストで作曲家の平井真美子さん。

平井真美子さんって方は知らなかったんですけど、数々の人気ドラマやCMなどの音楽を担当している作曲家なんですね!

日本テレビの「過保護のカホコ」や、
NHK BSドラマ「ボクの妻と結婚してください。」、
映画「60歳のラブレター」、
CM「キユーピー 深入りゴマドレッシング」、などなど。

「過保護のカホコ」は高畑充希さんと竹内涼真さんの主演のドラマ。

高畑充希さんの箱入りっぷり全開の演技や「こんなの初めて・・」とか「すっっばらしい」とか、名セリフを聞くのが楽しみでした!

いま思うと音楽も効果的だったなぁ〜と


【過保護のカホコ オリジナル・サウンドトラック:平井真美子】

28曲目の「こんなの初めて」を試聴すると、こんな音楽だったっけ?と思ったりするのですが、ドラマで見直すとピッタリはまってるんでしょうね!

好きな曲は14曲目の「ゆっくりのカホコ」ですかね。

ほっこりします。
平井さんの曲はやさしくて温かい気持ちになれる感じがしますね〜

ドラマ「過保護のカホコ」は、この配信サイトで無料視聴できます。

⇒「過保護のカホコ」を無料視聴する

14日間無料お試しで見れるので、平井真美子さん作曲の音楽を気にしながら見ると新たな楽しみ方ができそうです。

NHK BSの「ボクの妻と結婚してください。」は、内村光良さんと木村多江さんのドラマでした。

この「ボクの妻と結婚してください。」は、織田裕二さんと吉田羊さんの主演で映画化もされてますけど、ウッチャンの方が好きかな。

ストーリーは、末期のすい臓がんで余命6ヶ月と宣告を受けた主人公が、残される家族の幸せのために「妻の結婚相手」を探すというラブコメ?です。

主人公が「お笑い番組好きなテレビ局員」ということで、自分の最期に家族を笑顔にするという企画を実行していくわけですが、コレが切なくも笑えるんですね。。

音楽はAppleMusicにあったので聴いてみましたが、もの哀しくもユーモラスな曲調でジワリます。

平井真美子さんの音楽って、心が潤いますね。

この「ボクの妻と結婚してください。」のサントラの中で、サントラの一番最後の曲「どうせうどん」は、平井真美子さんがこのドラマの脚本の読んですぐに作った曲だそうです。


【オリジナルサウンドトラック「ボクの妻と結婚してください」】

前半のピアノとサックスのせつないメロディから、後半にストリングスが入って盛り上がるところでウルッときます・・

ドラマとあわせて聴いたら、涙腺崩壊間違いないですね。

NHKドラマ版「ボクの妻と結婚してください。」は、このサイトで視聴できます。

⇒ ドラマ視聴はこちらのサイトへ

こちらは31日間無料お試しがありますが、全6話を見るにはポイントが必要になる場合もあります。
詳細はサイトで確認してください。

森山直太朗さんとの結婚報道から平井真美子さんを知りましたけど、お気に入りの作曲家になりましたよ。

これでドラマを見る味わいが増えました!

※ 本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の状況は配信サービスサイトにてご確認ください